苦情解決窓口

社会福祉法第82条の規定により、利用者様からの苦情に適切に対応するため、 当保育園における苦情解決責任者、苦情受付担当者及び第三者委員を設置し、苦情解決に努めています。当園ご利用の際、困ったこと、悩んでいることがありましたらお気軽にご相談してください。※守秘義務によって秘密は守られますので安心してご相談ください。

・苦情解決責任者    山本 久美    園長
・苦情受付担当者    鈴木 晴美    主任保育士
・第三者委員       芹澤 潤作    原里地区民生児童委員
               中西 光明    社会福祉法人博友会 評議員

社会福祉法人博友会 とらのこ保育園
住 所:〒412-0045 御殿場市川島田1073-1
電 話:0550-88-0223
E-mail:toranoko0223@rice.ocn.ne.jp

窓口設置の目的

  1. 苦情等への適切な対応により、利用者の理解と満足度を高めることを目的とします。
  2. 利用者個人の権利を擁護すると共に、利用者が福祉・保育を適切に利用することができるよう支援することを
    目的とします。
  3. 納得いかないことについては一定のルールに沿った方法で円滑・円満な 解決に努めることを目的とします。

苦情解決の方法

  1. 苦情の受付
    苦情は直接、電話、Eメール、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。尚、第三者委員に
    直接苦情を申し出ることもできます。(保育園の玄関に設置しておりますご意見箱への投書でも結構です。)
  2. 苦情受付の報告・確認
    苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申し出人が第三者委員へ報告を拒否した場合を除く)に報告致します。 第三者委員は内容を確認し、苦情申し出人に対して、報告を受けた旨を通知します。
  3. 苦情解決のための話し合い
    苦情解決責任者は、苦情申し出人と誠意を持って話し合い、解決に努めます。その際、苦情申し出人は、第三者委員の助言、立会いを求めることができます。尚、第三者委員の立会いによる話し合いは、次により行います。
    • ア. 第三者委員による苦情内容の確認
    • イ. 第三者委員による解決案の調整、助言
    • ウ. 話し合いの結果や改善事項などの確認
  4. 苦情解決の報告
    個人情報に関するものや申込者が拒否した場合を除いて、苦情等の解決について公表し、園の改善に努めます。

苦情解決報告

受付月 苦情内容 園の対応
平成29年
7月~
平成29年
11月
苦情なし
平成29年
6月
園児同士のけんかで起きた引っかき傷について、同じ園児から2度目の傷であり、いじめ同然の言葉の表現も伴うことから、保護者から謝ってほしい。また、形成外科等の受診も選択肢にあるので、傷が起きたらすぐに保護者に連絡がほしい。 園で起きた事は園の責任であり、誠に申し訳ありません。今後このような事が起きないよう、職員全員、注意深く丁寧に一人ひとりを見守るように努めます。傷が起きた際は傷の様子等により園長判断で保護者に連絡、受診します。
平成28年
12月~
平成29年
5月
苦情なし
平成28年
11月
担任保育士の、子どもに対する言葉がけの厳しさ、3歳以上児を叱る言葉がけの強さが気になる。 過度の指導と思われるような言葉がけについて御心配をおかけしお詫び申し上げます。子どもができないことを温かく受け止め、年齢に応じた言葉がけをするよう、全職員に指導いたしました。
平成28年
7月
水いぼ感染児のプール遊びについて、「プールに入っても構わない」との学会の見解もあり、治療開始後完治までは数年かかることもある。ガード着用や絆創膏等の配慮で、感染児も同等のプール遊びをさせてほしい。 御殿場市の見解ではビート板等の使用で感染する可能性があり、方針は園に委ねるとされています。水いぼの治療は保護者の判断でお願いしていることから、感染の程度によっては完全に同等にする決断に至っておりません。園医の判断を踏まえ保育士も学びながら今後前向きに対応する事を検討いたします。
平成28年
4月~
平成28年
6月
苦情なし